親知らずって抜いた方が良いの?抜歯は怖いけど痛みはどれくらいある?

親知らずって抜いた方が良いの?抜歯は怖いけど痛みはどれくらいある?

18歳から20歳の頃にかけて奥歯の方にひっそりと生えてくる親知らず。

正式名称は「第三大臼歯(智歯)」と言って、全ての人が両サイド上下の4本生えてくる訳ではなく、一定の割合で一本も全く生えてこないという人もいます。

とは言え、大多数の人が生えてくる親知らずですが、「親知らずは抜いた方が良い」と聞く事はあっても、やっぱり抜歯って怖いですし、特にデメリットがないんだったら抜かなくても良いんじゃないか?と思っていませんでしょうか。

しかし、「抜いた方が良い」と言われているのには、もちろんちゃんとした理由があるんです。

親知らずは虫歯になりやすい

親知らずって両サイドの一番奥に生えてくるだけではなく、人によっては横向きに生えてくる場合もあり、歯が全て顔を見せていない事もあります。

その場合ですと、とにかく歯磨きをしにくく、歯の清潔状態を保つ事が難しいのです。

その為、親知らずは虫歯になりやすく、親知らずが虫歯になってから抜歯に行く人も多いんです。

親知らずが歯並びを変えてしまう可能性も?

親知らずは真っ直ぐ生える訳ではなく、多くの場合、横からだったり斜めに生えてきます。

もしも横から生えてきた場合、奥歯から内側に生えてくる力が加わるので、歯並びがガタガタになってしまう可能性があるんです。

これは子供の頃に歯列矯正を済ませた人の場合でも起こり得る事で、せっかく矯正したのにも関わらず、再び歯並びが悪くなってショックを受けてしまう患者さんも多いとか。

この事から、矯正治療と同時、もしくは終わった時に親知らずを抜歯してしまうケースがほとんどです。

親知らずの抜歯は怖いんだけど痛みはどれくらいある?

ここからは筆者の実体験になりますが、大人になってからの抜歯って結構怖いですよね。

私自身も21歳の時に上の両サイドの親知らずを抜歯しましたが、抜歯当日はかなり緊張していました。

実際の抜歯された感想ですが、まず、痛みはほとんどありませんでした。

抜歯の際は当然ですが、麻酔を行いますし、麻酔を注射されるときもほぼ痛みは感じませんでした。

しかし、痛みは気にならなかったのですが、それ以上にちょっと嫌な感覚だったのが、歯を抜く時の音です。

歯を抜くのでやっぱりかなりの力が必要だと思うんですけど、誇張抜きで「バキバキバキッッ!!」という音がアゴの骨などを通じてかなり大きな音で聞こえてきます。

何となくその音で痛みを感じてしまうのではないかと思う様な、本当に嫌な音でした。(本当に痛みは感じなかったんですけど)

ちなみに、先程「親知らずは虫歯になりやすい」と説明しましたが、私が抜歯した2本の親知らずはどちらも虫歯でボロボロで、手で簡単に割れてしまうほど脆くなっていました。

歯科医さんも、「親知らずで抜歯したいと来る人はもう虫歯になっている事がほとんどなので、そんなに珍しい事ではないですよ」と仰っていましたので、親知らずが虫歯っぽく感じている人は、出来る限り早めに抜歯しにいった方が良いでしょう。

抜歯後は結構血が出たり腫れたりする?

抜歯後はガーゼの様な詰め物をされ、血が止まるまではずっと入れっぱなしの状態です。

大体1日経てば血も止まりますし、痛み止めももらいますので、特につらかった思い出もありません。

抜歯後に顔が腫れたりといった事もありませんでしたが、これはその人の親知らずの生え方によって、抜歯手術に時間や手間がかかる場合もあり、そうなってくると腫れてしまう可能性もあるそうです。

とは言っても2~3日程度の話ですので、デートの前日などを避けてしまえば問題ないでしょう。

親知らずを抜いた後の歯茎はどんな状態になるの?

親知らずを抜歯してすぐは歯が無くなってぽっかり歯茎が開いた状態になりますが、1週間も経てば、歯茎は塞がり何もなかったかの様な綺麗な歯茎になります。

私の場合ですと、虫歯でかなり気になっていた親知らずの所が、何もない綺麗な状態になったので、日常生活でも食事中でもかなり快適になりました。

ホントに抜歯して良かったと思えたので、今現在親知らずが虫歯の人はすぐにでも抜歯してしまっても良いと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です