歯についた「タバコのヤニ」を落としたい!どうやったら元通り歯を白く出来る?

歯についた「タバコのヤニ」を落としたい!どうやったら元通り歯を白く出来る?

タバコを長年吸っていて、「タバコのヤニによる歯の黄ばみ」に悩んでいる人も多いと思います。

ヘビースモーカーの人の部屋の壁紙は黄ばんでしまいなかなか落とせませんが、それは歯でも同様の事が起きます。

しかし、タバコのヤニは落としにくいとは言っても、落とす方法がないわけではありません。

今回は、歯についた「タバコのヤニ」を落として、元通りの白い歯を手に入れる為に出来る事を解説していきます。

そもそもタバコのヤニって何?

タバコのヤニを落とす方法を知る前に、そもそもタバコのヤニって何なのか?という点を理解する必要があります。

歯の表面は「ペリクル」と呼ばれる、唾液に含まれる薄いたんぱく質で覆われています。

ぺリクルは酸の侵襲や熱い・冷たい食べ物の刺激から歯を守る為に存在しているのですが、この一方で、タバコに含まれるタールを引き寄せて結びつく性質があります。

タールはドロドロとしたガソリンの様な物質なのですが、それが唾液に含まれるたんぱく質「ぺリクル」と結びつく事で、なかなか落ちない汚れとなって歯に付着してしまいます。

これがいわゆるヤニ汚れです。

ヤニ汚れが落としにくい理由

ペリクルは歯の表面を覆っていると説明しましたが、タールとペリクルが結びついて歯の表面に付着した後、皆さんは毎日の習慣として歯磨きをするでしょう。

歯磨きをする事で、多少のヤニ汚れを落とす事が出来るのですが、歯磨き後、また更にペリクルが歯の表面を覆ってしまいます。

つまり、ヤニ汚れをペリクルでコーティングしてしまうのですが、その後更にタバコを吸い、タールとペリクルが結びつき、その上からヤニ汚れを積み重ねていってしまいます。

その結果、どんどんとミルフィーユの様にヤニ汚れが積み重なっていくので、歯磨きをしても落とす事の出来ない頑固なヤニ汚れが出来上がってしまうのです。

そんな頑固なヤニ汚れを落とす為にはどうしたら良いの?

そんな何層にも積み重なって落ちにくい頑固なヤニ汚れですが、落とす為にはどうしたら良いのでしょうか。

正しい歯磨きをしてヤニ汚れの付着を防ぐ

先程言った通り、、ヤニ汚れは日々の積み重ねです。

歯磨きをする事で、多少のヤニ汚れを落とす事が出来ると説明しましたが、正しい歯磨きをしっかりとする事で、歯に付着するヤニ汚れを出来る限り落としてしまう事がまずは大前提です。

これが1回30秒程度の軽い歯磨きだと沢山のヤニ汚れが残ってしまい、どんどんと黄ばみを加速させていってしまいます。
参考:歯磨きに費やす時間ってどれくらいが正解?

歯科医院でヤニ取りをしてもらう

やはりなかなか落としにくい頑固な汚れは、プロにお任せしてしまうのが一番です。

歯科医院では歯の汚れ(ヤニ汚れも含む)を落とす事を「クリーニング」、歯を白くする為の施術を「ホワイトニング」と呼びますが、ヤニ汚れによる歯の黄ばみを改善したい場合は、プロにこれらの事をやって貰うのが一番です。

しかし、ヤニ汚れを落とす為にクリーニングやホワイトニング、治療ではない為「保険適用外」の施術となってしまいます。

治療項目 かかる費用
ヤニ汚れのクリーニング 約3,000円程度
ホワイトニング 約10,000円~30,000円程度

値段を見て結構安いなと感じるかと思いますが、結局クリーニングもホワイトニングも、一時的にヤニ汚れを落とす事が出来ても、タバコを吸い続ける場合、その都度通わなければいけないといけません。

クリーニングでしたら月1程度通いたいですし、ホワイトニングは時間が経てばまた元に戻っていってしまいます。

家で出来る薬用ホワイトニングを使う手も

歯科医院に通い続けるのが一番なのですが、「通う」って結構ハードルが高い事だと思います。

歯医者でも接骨院でもそうですが、何か身体に悪い部分があるのに、定期的に通わなければいけないと面倒くさくなってしまうんですよね。

かと言って、めんどくさいから放置してしまうと、結局歯はどんどん黄ばんでいってしまいます。

そんな時におすすめなのが、家で出来る「薬用ホワイトニング」を使うという方法です。

薬用ホワイトニングって何?

「薬用」とついている通り、医薬品ではないのですが、化粧品と違って、人体に何らかの改善効果が認められているものになります。(医薬部外品の事を指しています)

つまり、薬用ホワイトニングとは、「歯が白くなる」と厚生労働省に認められている製品なのです。

医薬部外品のプレミアムブラントゥースがおすすめ

プレミアムブラントゥース
薬用ホワイトニングで特におすすめの製品が「プレミアムブラントゥース」です。

歯磨き後に歯ブラシに付けて優しく磨き、後は吐き出すだけと、毎日の習慣としても続けやすいのが特徴です。

歯の白さを実現する為に、「ポリアスパラギン酸」という成分が配合されており、通常の歯磨きでは落としきれない汚れを浮かして落とし、磨く度に歯の爽快感と白さを実感する事が出来ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です