歯ブラシでは取り切れない歯垢はティッシュで拭き取ろう!効率的な歯垢の落とし方

歯ブラシでは取り切れない歯垢はティッシュで拭き取ろう!効率的な歯垢の落とし方

歯を綺麗にすると言えば「歯ブラシで磨く」ですが、もしも急なお泊りや終電を逃した時など、歯ブラシがない時にあなたはどうしますか?

ここでは、歯ブラシがない時の応急処置、また歯ブラシのプラスアルファとして、「ティッシュで歯を磨く事」について書いていきます。

歯ブラシで取り切れない歯垢を取る為に

ティッシュで歯を磨くとか汚くない?」って思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、大手化粧品メーカーからも「歯磨きシート」という商品が発売されています。

歯磨きは正しいやり方で、一回五分程度丁寧にやったとしても、残念ながら全ての歯垢を取りきる事は出来ません。

試しに、一度歯磨き後に、ティッシュで歯を拭いてみてください!黄色い歯垢がティッシュについていませんでしょうか?

歯磨きで取りきる事の出来なかった歯垢をティッシュで拭き取る事で、より綺麗な歯を維持する事が出来るのです。

ガーゼやティッシュで歯を拭く事を推奨している歯科医も

これは歯科医によって考え方は違うとは思いますが、むしろガーゼやティッシュで歯を拭く事を推奨している歯科医もいます。

もちろん歯磨きをした上での話ではありますが、やはり歯磨きだけでは完全に歯垢を取り切れないという部分が大きいのでしょう。

特に、歯ブラシでは届きにくい、奥歯や歯の裏側などを丁寧にティッシュで拭き取る事で、ほぼほぼの歯垢を綺麗に取れる事は間違いありません。

歯ブラシとティッシュを使って効率的に歯を綺麗にする方法

それでは、具体的に歯ブラシとティッシュを使って効率的に歯を綺麗にする方法を紹介していきます。

まずは普通に歯ブラシで一回五分の歯磨きを行う

好みはあるかもしれませんが、効率を考えるのであれば、最初は歯ブラシで普通に歯を磨いていきましょう。

歯磨きは一回五分程度丁寧にしっかりと磨いてください。

歯磨きの時間が一回一分などかなり短い人などもいますが、一度五分間使って丁寧に歯を磨くと、かなり表面がツルツルになる事が実感出来ると思いますので、一度で良いので試してみてください。
参考:歯磨きに費やす時間ってどれくらいが正解?一日の中のどのタイミングで何回磨けば良い?

歯ブラシの届きにくい部分をティッシュで綺麗に拭いていく

歯磨きが終わったら、歯ブラシの届きにくい部分をティッシュで綺麗に拭いていきましょう。

先程も説明した通り、奥歯や歯の裏側、歯茎の付け根部分等は、歯ブラシで歯垢を完全に取りきる事が難しいので、ティッシュで取り切れなかった歯垢を拭き取っていきましょう。

特に、奥歯の裏側は歯垢が残りやすいので、歯ブラシで歯垢が取り切れなかったんだなという事が実感しやすいと思います。

ティッシュだとちょっと抵抗があるという方は歯磨きシートを使ってみよう!

ティッシュでも十分に歯垢を落とす事が出来るのですが、「やはりティッシュだとちょっと抵抗が・・・」という方は、市販の歯磨きシートを使ってみましょう。

まず、おすすめなのが「花王」から発売されている「ピュオーラ 歯みがきシート」です。

洗浄成分が配合されているので、歯や構内のネバつきや汚れを優しく取り除いてくれます。

口内環境の清浄化、口臭予防にもなりますので、急なお泊りで歯ブラシがない時に代用出来る一品です。

職場のお昼休憩の後などにも使えますので、常にバッグの中に入れておくと良いかもしれません。

次におすすめなのが、「素数株式会社」から発売されている「スクラッチ マウスシート」という商品です。

こちらも洗浄成分が配合されていますので、ピュオーラと同じ様な使い方が可能です。

スクラッチマウスシートの場合、「ピーチミント・グレープフルーツミント・ペパーミント」などのフレーバーがありますので、口をリフレッシュさせる効果もあります。

色々な種類を買ってみて、楽しみながら口内環境を整えられるのは良いですね。

歯ブラシ後のケアとしても、急なお泊りのケアとしても

基本的にティッシュや歯磨きシートは歯ブラシ後のケアとして使って頂きたいのですが、もしも急なお泊りで歯ブラシがないという状況であれば、とりあえずの応急処置として使って頂いても大丈夫です。

何もしないで寝るよりは、ティッシュでちょっとでも歯垢を拭き取った方が絶対に良いですからね。

今まで急なお泊りで歯ブラシがない状況の時に、諦めてうがいだけして寝てしまったという経験がある方は、是非この記事を参考に、ティッシュや歯磨きシートを使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です